« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

懸賞とか

懸賞はがきとか出すの結構好きです。
一番最近で言うと、前にも書いた子供ミュージカルなんですが、
その前にフジパンで当たったミッフィーちゃんのコロコロバックなんて
重宝するし、自慢できちゃいます。

・・・ということは娘名前で出した物の勝率が良いわけですね・・・

昨日、ゲームセンターでの出来事なんですが。
着いてすぐ、お客様サービスイベント「ビンゴゲーム」が始まるということで
私と娘と一枚づつカードを貰いました。
ちょっとだけ時間があったので「太鼓の達人」で
娘のリクエスト通りにたたきまして「かんたん」だった事もあり
三曲中二曲もフルコンボで気を良くした訳です。
終わってすぐビンゴが始まりました。
なかなか「ビンゴ!」の声がかからない中、少年が一人名乗りをあげた
つぎに(娘のが揃った!)「ビンゴ!」
(でかした!!!!)と思ったのもつかの間「あー12が出てないですね」
知らぬ間にコールされていない番号に穴をあけていた娘。
「ごめんなさいぃぃ」とすごすご。
係りの方が「では次に参りますぅ・・・ははは12」
係りの方と私と見合わせて苦笑してしまいました。

ちなみに賞品はゲームコイン。存分に遊んできました。
沢山預けてきたので、まだまだ遊べます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウレシイタメイキ

今日、娘の運動会だったんです。

娘の幼稚園は、岐阜アリーナという県の体育館でやるので
上履きでやるんですね。
ですから、前日持って帰ってきて、そのまま持って行くわけです。
そしたらば。
「おかあさぁん。あしいたいのぉ」体育館の入り口で
履き替えたら言うんです。
「えーーーーーーーっ!!」
成長してサイズがあわなくなってきていて痛いという事をこのタイミングで
言ってくれちゃった訳です。
せめて、昨日言ってくれれば・・・スペアがあったのにーーー!!!
説得の上、当日は我慢してくれることになりました。
折角の運動会なのに力が出し切れるかなぁ・・・
やっぱり誰かに頼んで家から持ってきてもらおうかな・・・と
考えましたけど、履いているうちに多少は伸びて
なんとかなったみたいです。

うちの娘の靴は、ちょっと頭痛いです。
甲が高いんですね。
そのせいで、サイズだけで選んで買った靴が
一回履いただけで履けなくなった事があります。
デザインによってワンサイズ大きめでないと
駄目な事があるようで、
必ず上履きが一番最初に履けなくなります。
前回サイズアップの時は外履き二足のうち
一足は上履きの一ヶ月後だったのに
残りの一足は、四ヶ月も履いたんですね。

そういえばスタートから大変だったんです。
生後10ヶ月で伝い歩きバリバリだったんで
自転車に乗せて出かけようと思っちゃった私は
靴を探しました。12センチ。
取り寄せないとないんです。そんなサイズ。
しかも、お祝いとして靴を二足頂いてまして
それが13センチと14センチ。
つまり、それくらいにならないと必要がないのが平均的な訳です。
結局、中敷を製作しまして履かせました。
ファーストシューズとして売っている、
すごーーーくいいものを買うことも考えましたけど
高いし、あっという間に履けなくなるだろうし。
実際あっという間だったし。
その後も一年ペースでサイズアップでタメイキです。

従姉の娘ちゃんのお下がりをもらうんですが
年の差(5歳)に関わらず、着れなくなったら
すぐもらうぐらいでちょうどいいくらいでした。
せいぜい寝かしても一年かな?
今は、向うが成長期(六年生)に入ったので
それほどでもなくなりましたけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節の変わり目です

このところ、夫婦ともども疲れが取れないんです。
その結果、朝方涼し過ぎるというのに
窓をしっかりあけて寝ちゃったんです。
正確に言うと「最悪夫が閉めてくれるだろう」と先に寝て
「これくらい閉めとけばいいだろう」と
寝ぼけて全部確認しなかった夫。
寝室から遠い部屋の窓が全開だったんです。
ということで一家揃って風邪引きました。

共倒れはキツイです。
こっちは微熱でぼーっとしてて。
娘は高熱にむしろハイになったかと思うと
バッタリ寝てしまうし。
「寝る前に薬と水分!!!」を繰り返し。
夫は仕事に行ったから大丈夫と思っていたら
やっぱり体辛かったみたいで
お風呂サボって寝ようとするし。
(まだ昼間は暑いんですから!!!)
辛くてもがんばらないと直んないし。

皆さんお気をつけ下さい。
熱は下がったものの、薬で眠たい私です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道具の事

昔、道具に振り回された事があるんです。

印刷屋の版下を作る部署で働いた事があるんですが
そこでおこった事です。

角の丸い四角を書かなければならない事がありました。
中に文字が入ることもあって、和文タイプで
直線を書いた後に、ペンとテンプレートで
丸い部分を書けという上司の指示でしたが、
渡されたテンプレートが家具のレイアウトを考える為の物。
その中から適当と思われる角丸部分を使って書けというんです。
(書きにくい)と思いながら書いて持っていくと
「へたくそ、やり直し」
数回繰り返して、完成となったあと「もっと努力して」

それから約一年後、文具問屋さんに転職した時に調べました。
やっぱりあったんです。角丸を書くためのテンプレート。
当然使いやすいんです。それにパソコンを使えば、
角丸の四角の中にセンタリングして文字を入れる事など
その当時でも、それほど難しいことではなかった事も
わかりました。私が憤慨した事は言うまでもありません。
どうも、数年後の引越しに備え、買い控えしてして、
道具不足だったようで「基本を教える」という名目のもとに
古い道具でやらされていた模様です。
その経験が、道具を売る「文具問屋」には
とっても役に立った事は言うまでもありません。

そういう経験がありますと。
育児で壁にぶち当たった時に
「道具を変えてみたらなんとかならないかな」と考えます。
スプーンやフォークも「幼児用」を買ったものの、
スプーンはれんげに、フォークは「子供用」に変えましたら
使えるようになりましたし、鉛筆は任天堂DSがきっかけで
持てる様になりました。アンパンマンさまさまなんです。
アンパンマンのソフトをやるために持てるようになったんです。
持てるようになったらクレヨンの握り方も変わって
ぐりぐり描きだった絵も目や鼻がついたり、ゆがみながらも
形が正しくなってきました。
おまる兼用の補助便座を用意しましたが
あとから買った持ち手のない補助便座の方が使いやすく、
それすら使ったのは一年程度。
おまるとしては、最初に使った時に堅いうんPが出てしまって
イメージ悪くなってそれっきり。

情報がいっぱいあって、それがうちの娘に合うかどうかは
やってみないとわかんない事が多いんだけど
彼女の成長のためには、こだわらない事も大事かなと
おもう今日この頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »