« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

お裁縫・・・苦手なんですよ。

昨夜、娘に「これ着て」と
ヒザの所が破れて継ぎを当てたパジャマを
渡しましたところ
「アップリケ?リメイク?」
「そんな言葉知ってるの?」
「うん、キッズニフティの漫画で見た。
 『これがおしゃれなんだよー』とか言ってた」
・・・いろんな所で言葉を覚えてきますね・・・

私はお裁縫が苦手な方です。
上手下手で言えば下手。
でも今時のお母さんなら継ぎあてなんかやらないし
やったところでアイロンアップリケぐらいじゃないかと。
でも下手なのに手縫いしたわけです。
というのはお下がりとして頂いたパジャマなのですが
偶然にも同じ様な体系のお手製品というおかげで
細くて背の高い娘にジャストフィット。
そんなんですから捨てづらくて「継ぎをあてる」と
決めたのですがパジャマですから、
アイロンアップリケでは上手くつかない。
で、仕方なしに手縫いしたんですよね。

それだけではありません。
今、ソファーカバーを自作中なんです。
どんなカバーにしても娘がはいじゃうんです。
お値段高いカバーで外れなさそうな奴も
「絶対外れないとはいいきれない」レベル。
ということで、ダメもとで自作中なんですよ。

・・・そんなことやってますからなんでしょうけど。
祖母が「目が見えんで、ズボン直して」
「親に家庭科の宿題やらせたこともある人に言うかな~」
「そんなに難しくないって」
「じゃぁ・・・」
・・・・・めちゃ難しいじゃん!!!!!
太すぎる所を細くして、余った所を切っちゃうから
全部かがって、当然裾もまつって。
でもって挙句に「ウエストにゴム入れて」
しかも、途中までやってあるから選択肢なし。
いざやりかけてみたら、つるつるすべっちゃう生地で
縫いにくい事この上なし。
「八千円もしたから、もったいなくって」
(こんな風にしたこと自体がもったいないんだがなー)
リサイクルショップに持ち込むということを
考えられない94歳に向かって言ってもしょうがないのでした。
なんとか形にはして(でも私だったら絶対に着ない仕上がり)
納得してもらいましたけどね・・・

後日、激安ショップで祖母の希望に合ったズボンを
見つけ、速攻で買って渡しました。
「買ったほうがよい」ということを納得してくれた模様。
頼むから他のズボンを掘り出さないで頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子ども 障がい者 漢字は悪!?

リンク: 子ども 障がい者 漢字は悪!?.

普段は「障がい者」と書いてます。
筋ジストロフィーの友人に「障碍者」を
薦められたのもありまして
わざとこらちを使うこともあります。
「害」は使いたくないなと思っているからですが
「障碍」は読んでもらえない可能性が高いからです。
筋ジスの友人は「どんどん使って広めよう!」と
言っておりました。
かのワープロソフト一太郎に初めて「障碍」を
標準変換にさせたのは、その友人らしいです。

子ども・・・は子供って書くこと多いです。
悪・・・とか考えた事なかったですけど
「供」って悪いんですかね。
少なくとも、中学生までは親もしくは誰か
保護者の下におかれちゃう訳だから
「供」でいいと思うんですが。
じゃあ、
社会に出た「子」も「子供」で良いかって言うと
迷うところではあるんですが大人になろうとも
「子は子」なんじゃないですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

娘の発音について

就学前検診に行ってきました。
引っかかったのは歯科と咽喉科。

歯科はですね・・・
奥歯が押したのかあごの未発達が原因で
生えかけの歯が生えるスペースが少し狭いため
将来的に矯正する羽目になるかもと
言われてしまいました。
自分が経験者なだけに気をつけていたんですが・・・
昔よりは歯列矯正対応の歯医者が
増えているのでちょっとはマシだと思いますが
(昔は大学病院とかそういうところから特別に来ているとか
 そんな特殊なところでしかやってませんでした。)
結構辛いし、時間とられるし。
まずは硬いもの食べさそう!!!!!!!

咽喉科はいわゆる「言語の未発達」
発音異常でリハビリ中であることを伝えましたら
小学校に上がってからの相談する場所の案内を
されまして、かなり強引に
「相談にいって登録だけでもしてください」と
薦められました。
その時に
「子供が傷つくといけないので早めに対処して」と
言われたんです。

(対処しているつもりですし、
 すでに傷ついて
 落ち込むことあって、
 それにも対処しているつもりですけど!!)

子供の発達については「個人差」という名目の元に
落ち込まないようにすべきだと考えるように
学校(保育専門学校卒です)でも、
育児するようになって読んだ本でも
書いてあったと思うんです。
ただ個人差の幅をものすごく狭く
捉えているなと思う人に会うと疲れちゃいます・・・
時々いるんですよね。
こちらの書いた所もよく読んで頂きたかったです。
症状を明確に捉えた上で訓練中なんですから
これ以上別の所で相談するメリットが薄いんですよね。
二年前に入れて欲しかったのに
入れてくれなかった訓練所に入れてくれるというなら
話は別ですけど!!!!!

親の勝手わがままで子供の障碍(しょうがい)が
見過ごされるケースが増えているらしいし、
「イジメの原因」となりうる要素を排除したいんだろうな
と想像出来るだけに文句は言いませんでしたけどね。
それにしてもストレス・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動会

先日10日運動会でした。

もう年長さんなんで、心配事は少ないのですが
練習の時の「☆☆ちゃん遅いんだもん」と
言われた事については
気がかりでしょうがなかったんですよ。
「うちの子のせいで順位落としたら
 こてんぱんに言われちゃうよな・・・」
クラス全員リレーが済むまでは落ち着きませんでした。

最初の子がスタートをミスしてどん尻だったので
(これ以上下げようないからかえっていいかも)と
思っていたら、娘の頃にはなんと2位。
(抜けとは言わない。2位を維持して!!!!!!!!)
そしたら本番に強い傾向が前からありましたが
2位を維持。少し間隔を縮めた位で。
その後1位に迫りましたが残念ながら2位ゴールでした。
でも練習の時に勝ててなかった分喜んでた気がする。

綱引きでも2位。
お助け綱引きといって父兄参加綱引きで1位で
本人ご満悦。
リレーも綱引きも決勝戦は娘たち4組さんと
1組さんの戦いだったので
「気合が違うのかなー」と思ったんですが
1組にいる仲良しさんのパパさんが負傷してました。
子供の気合につられますよねーやっぱり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »