« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

占い


ブログネタ: 血液型での性格診断、信じる? 信じない?参加数

娘が占いに興味を持ち始めまして。

干支と星座はいいんですけど、血液型が判らない。

出産時に調べてると思うんですが

母子手帳に書かれてないんですよ。

気が付くのが遅かった上

出産してまもなく大学病院が引越した事もあって

問い合わせも出来ないままなんですよ。

状況を説明して、調べるには注射が必要だと

言ったらば、とりあえずあきらめてくれましたけど

自分だけ血液型占いが出来ないのが不満らしい。

ダンナも私も「AB型とO型の親」から生まれた「B型」

なんで「B型かO型」ではあるんですけどね。

(なんでそーなるかは、生物で習ったよね!)

実は、ダンナなんて娘が生まれる直前に調べた。

なんとダンナの母子手帳が出てきたんだけど

やっぱり書いてなくて。お母さんはO型でした。

母子手帳が見つかってまもなくに

ダンナの父親がAB型と判明したので

「AかBって事だけど性格からいくと

 Aじゃないでしょ。」案の定B型でした。

娘には「とりあえずBってことにしておこうね」と

言ってあります。

Oじゃなさそうな性格してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせち料理後日談

最近の子ってのはおせち料理は
「買う物」と思っていないかなーという
ご時世ですよね。

それを避けたいなーと思って
作れる物だけでも作って、
作れない物だけ買うってスタンスを
ずっと続けているんですが
最近は客も来ないし、
あげる人もいないということで、
そんな中でも「好きではない物」は
買うのも作るのもやめちゃったんです。

そしたらば。
幼稚園でおせち料理のいわれの
絵本を読んだらしいんです。

数の子・・・
山海漬けにしてしまったので
数の子の状態で見てないです。
黒豆・・・
「こっちがいい」というダンナの主張で
野菜豆に変えちゃった。
伊達巻・・・
「甘いの嫌いなんで」といつもの
出汁巻きのバリエーションに。
たつくり・・・
実家の甘くないバージョンはおろか
買うのもやめちゃった。
紅白なます・・・
すっぱいの嫌いなんで酢じゃなくて
ドレッシングで作り、挙句
ハムまで入れちゃった。

こーんなおせち料理を
食べた後だというのに
納得できましたですかね・・・あはは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賛否集まる子供写真の年賀状

リンク: 賛否集まる子供写真の年賀状.

まあ、ウチも子供写真の年賀状なんですよ。
でも子供のいない頃は貰っても嬉しくなかったので
ちょっと気を使って合成する事によってうけ狙いという
作りにはしてます。
その年のいい写真とかじゃなくて、わざわざ設定して
撮りますしね。
今年は某ディズニーキャラクターとその脇役達が
娘と一緒に雪遊びという風情の物だし、
去年は野原で、某うさぎキャラと牛が
娘に「あそぼー」という感じ。
一昨年は、某アニメの脇キャラねずみのバンドで
娘が歌っている感じ。
だんだん娘の写真としては小さくなってます。
娘が入ってますけど私の感覚的には
イラストの年賀状に娘が
紛れ込んでいるという感じですね。
それなら許してくれないかな・・・

そういえば。写真じゃなくなった場合は二つあって

子供が嫌がりだした場合ならいいんですけど

「離婚」ってケースもあるのが悲しいですね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗きんとん顛末記

謹賀新年っ!!!ということでおせち料理の話。

年末29日の夜、おせち料理の一つ
「栗きんとん」を作ったんです。
手抜きというか、今時っていうか
フードプロセッサーで作ったんで
フードプロセッサーのフタを押すのが
大好きなウチの娘が
「お手伝いするぅー」と来る訳です。
そこで、ぽろっとしゃべってしまったんです。
「お母さんの作る奴は特別だから~
 卵入れて、混ぜ混ぜしてオーブンで焼くと
 スイートポテトになるんだよー」・・・って。
そしたら。元旦の夜には
「作ってくれなきゃヤダ」になっちゃいまして。
で、翌朝作りました・・・。

特別・・・というのは。
栗きんとんの作り方は実家の母の直伝で
10歳くらいから私が作っているのですが
ある年うっかりと「くちなしの実」を用意するのを
忘れまして。今住んでいる所ですと
スーパーも近いですから買いに走るんですけど
実家だとそうもいかない。
頭ひねって考えた結果、皮を分厚く剥いて
やったらどうかなーということでやってみたら
染めなくてもキレイな栗きんとんが
出来ただけじゃなくて癖のない
すっきりした味になっちゃった。
「こりゃいいー」ということで
それ以来そのスタイル。
人によっては入れるみりんもナシ。
サツマイモと栗の甘煮の瓶詰めと
砂糖だけで作るんです。
皮を剥くというよりも皮部分を切り落として
切り落とした部分は「大学いも」に作っちゃった。

くちなしの実で染めた栗きんとんでも
スイートポテトっで作れなくはないですけど
スイートポテトを作る時は本来入れないので
入れてないウチの栗きんとんだと
ばっちり美味しいんだよーと自慢した訳ですね。

せっかく焼いたので、それを持って
知人宅にいきました。
用意いただいたお菓子やら持ち寄ったお菓子やらを
みんなで食べまして、なかなかのご好評を頂き、
よかったーと思ってたんです。
そろそろ帰る段になり、別室で写真を撮ろうという事に
なったところで知人宅のワンちゃんが
二つ残っていたスイートポテトを食べたいと
主張されたらしく飼い主が味見をした上で
半分与えたわけです。
そしたらば。
写真を撮り終え、荷物を取りに元の部屋に
戻ってきましたところ、がつがつと
何かを食べているワンちゃんを飼い主が発見。
「なに食べてんのよー」
「あ、スイートポテトがない」
・・・残っていたはずの最後の一個を自力で
ゲット。食べやすい高さ?のWiiの
バランスボードの上に乗せて食べていたのでした。
「そういえば妙にうろうろしてたわー」
「よっぽど美味しかったでしょう」

・・・いやーわんこにうけるとは思ってもみませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »