« トヨタホームリンクに行ってきました。 | トップページ | こんな日 »

新参者 麒麟の翼

録画してあったので今頃ですが見ました。

見始めてまもなく、「今見るには重いな」と
思っちゃったんです。
父親との関係とか、若い夫婦の問題とかの
あたりが、今の私には他人事として見るには
ちょっと重い。
一旦休憩入れたんですけど、(録画だしね)
思い返して最後まで見ました。

新参者はテレビ版の時もそうだったんですが
犯人を捜すドラマじゃなくて
犯人とされてしまった人が犯人じゃないことを
主人公が捜すドラマなので
「救いがあるかな」と思ったんですね。
・・・で、そのとおり救いがあって、2人の死者の
家族は立ち直っていくんです。でも、
「そうではない」「そうなれない」事の連続が
犯人ではなかった事を肯定していくんですけども
世の中が世知辛くて
夢が持てなくなってきている事も肯定してて、
「でも信じて頑張らなくちゃ」っていう話なんですよ。

夢が持てないってキツイですよね。
オバサンになってしまった自分達もだけど
これからがある子供達に、
「夢を持って」と言ったって
「だってさぁぁ」と切り返されそうな。
信じたいよねぇ、未来を。

|

« トヨタホームリンクに行ってきました。 | トップページ | こんな日 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新参者 麒麟の翼:

« トヨタホームリンクに行ってきました。 | トップページ | こんな日 »