« 学級閉鎖その後。 | トップページ | 子供を持ってわかる親心 »

親子エコ・クッキング

某社主催の親子エコ・クッキングという
無料のイベントに応募しましたら当たりまして、
行って来ました。

一宮市の営業所で行われたんで、
名鉄電車で行ったんです。
我が家は、駅まで徒歩三分ですし、
会場も駅から徒歩10分とあったので、
滅多に下りる理由のない駅前を
ぶらぶらするのも悪くないしと思って。
そしたらば、ですね・・・
目指す建物は見つかったものの、
出入り口がなんと開かない。
「会場はこちら」の案内もない。
建物のまん前から電話して
文句言ったら開けにきてくれましたよ。
帰宅時に判ったのですが、
どうも私ら親子以外、全員車で来たらしくて
駐車場から建物に入る出入り口には
「料理教室出入り口」の看板が常設されていて
そちらから入るのが当然と判断されていたらしい。
電車で来た人にはものすごくわかり難いんです。
それにしても「イベントだから」の案内は
全くなくてどうなってるの???って思いましたね。

無料でこれだけのイベントに参加させていただいてて、
申し訳ない気もするけどと思いつつ、アンケートは
他にも、しっかり文句書いてきました。

まず、作った料理の量。
設定はどう考えても小学高学年以上なんですね。
うちの子含めて大半が食べきれない。
にもかかわらず、「持って帰らないで欲しい」
「絶対ダメだとは言えないけど責任もてない」
・・・当然持ち帰り容器の用意などありませぬ。
「エコ・クッキング」でしょーーーと思いましたね。
持ち帰るなと言うなら量を減らすべきだし、
わけのわかんないもので持ち帰られるより、
ビニール袋一枚出した方が衛生的だし。

それからゴミの分別。
「燃えるゴミ・燃えないゴミ」
というゴミ箱があるんだけど
岐阜市の分別とも名古屋市の分別
とも違うのね。で、私はもちろん、
数名の人の分別に問題ありで、
スタッフがフォローしてた。
でもね、「エコクッキング」なんで
ゴミはとっても少なくて
わかりきったゴミだけだから
全部説明すれば?と思いましたねェ。
しかもゴミの一時入れ用に
広告用紙で箱を作ったんだけど、
二つも必要ないんですよ。
汚さなかったら、その広告用紙は
リサイクルされるんですよ・・・と。

あと、エコクッキングだからって、
鍋に合わせた火加減をと説明があったのは
いいんですけど・・・最新式すぎて
私使い方判らなかったんですよね。
無駄にいじるってまずいでしょ。
「お家のと違いますか」の声かけ
欲しかったですねー

エコをうたっているわりには
片手落ちな気がするイベントでした。
それ以外は楽しくてよかったデス。

|

« 学級閉鎖その後。 | トップページ | 子供を持ってわかる親心 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親子エコ・クッキング:

« 学級閉鎖その後。 | トップページ | 子供を持ってわかる親心 »