« 盆が終わりました。 | トップページ | 習い事・・・ »

宿題はあとプリントがちょっとです。

夏休み、もうすぐ終わりですね。

今年の娘の「宝物作り」は自由研究で
「塩作りとその研究」でした。
きっかけは、去年なんですが
愛知県の小野浜海岸近くにある「食と健康の館」を
テレビで見た私が
「穴子天もおいしそうだし、『流下式枝条架塩田』
 自由研究の題材にいいじゃん。」と注目した事です。
塩がらみの本をいろいろ図書館で読ませまして、
いよいよ今年、実行に移した訳です。

夏休み始めに、食と健康の館に連れて行きまして、
「塩作り体験」と施設の見学をやってレポートを書かせました。
加えて、実験です。
問題なのは「設計図」を学校で書いてくること。
設計図には、いろいろありました中に
針金で作った形に塩の結晶を作るとありました。
やってみたけどダメでしたが、8ミリほどの岩塩は出来まして、
親二人が「よかったぁぁぁぁ・・・」でした。
「海水を石綿に載せたビーカーを使って、何時間も煮て、塩を取る」
というのを本人が本で見て「やってみたい」
親としてはビーカー??石綿??
ネットにあるかもしれないけど、安くないよねぇぇと思って真っ青に。
口径10センチほど、プラスチックのフタ付のビンがウチにありまして、
ジャムを入れるために湯煎にかけて、熱殺菌したことがあるんです。
「これを湯煎でもいけるだろう」という予測を元に実行しました。
今年の死ぬほどの暑さの中、5時間煮込むのは辛かった・・・
湯煎分の水がなくなるのでビンにかけないように静かに水を足さねばなりません。
ビンに冷たい水をかければ、割れるんです。
ビンの深さよりも少なめにしなければならないのであっという間に水はなくなるのです。
だから、10分おきにみなければなりませんでした。
この作業は危険だなと思いつきっきり・・・暑かったです。

塩になるまで煮るのは、無理だと判断して途中から自然乾燥にしてもらいました。
5時間煮たのは、1lの海水からどうなるかという事にしたかったため、
ビンに一杯になるまで煮詰めるという事をしたわけです。
その方が結晶も出来ると思いましたので。
約一ヵ月後結晶が出来て、さらに数日の現在、
曇りがなければ完全に塩になっていただろう状態まできています。
水の減っていく経緯を書き込んだこのビンも添えて提出です。
いい内容で、いい出来だと思いますが、設計図とだいぶ違うよーな・・・です。         

|

« 盆が終わりました。 | トップページ | 習い事・・・ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宿題はあとプリントがちょっとです。:

« 盆が終わりました。 | トップページ | 習い事・・・ »