« 家族三人不眠中 | トップページ | 同性同名 »

大垣に遊びに行ってきました。

娘の夏休みも僅かです。
「俳句」の宿題が出来てなくて、
「感想文」の宿題で「和菓子のアン」を書いたご褒美で、
大垣に遊びに行ってきました。
なんで大垣かというと、
奥の細道で有名な松尾芭蕉の「むすびの地記念館」と、
和菓子の「金蝶園」「つちや」の「本店」に行こうという計画でした。

「むすびの地記念館」は、駅から微妙な距離にあります。
駅前の四番バス乗り場からバスが出ていますが、
一時間に1.2本しかないんです。
四番バスから出ているバスならなんでもイイわけじゃないんです。
で、やっちゃった。間違えて乗りました。
じきに気が付いておりて歩きました。20分かなあ。

その都合で升で有名な「ますや」さんに寄りました。
見せの横で乾燥させるためかな?
木が燃やされてまして、いい匂いでした。
多分ヒノキです。
普通に買っても250円から升を売っていますが、
アウトレットとでも言いますか、セール状態のものがありまして、
小っちゃい升の100円を見つけまして娘が
「おこずかいで買う――」
そんなの買ってもなあと私は思ったのですが
これが良かったんです。

というのは、大垣は湧水が豊富でして
飲んでも大丈夫という検査表まで貼られた
水飲み場が何カ所も作られてまして、
その升で飲むとますます美味しいのでした。
むすびの地記念館前にもありまして、
そこで美味しそうに飲んでましたら
観光客のおばちゃん(大阪)にも声かけられたのでした。

むすびの地記念館はちょっと難しかったようです。
六年なんで歴史の勉強は始まってますけど、
「歴史文学」はまだまだ見たいです。
行きの電車で広告に「石川啄木」の写真があったんですが
「知ってる?」と聞いても全く知らなかったですもん。
まあ、そんなことを言っている私も
「芭蕉忍者説」からできた時代劇のおかげで
ちょっと勉強しただけだったりします。

そのあとまず「つちや」本店に行ったんですが。
広い道からちょっと入ったところって場所だったので
裏口に行ってしまいまして、道行く人に教えてもらいました。
吃驚するぐらい小さいお店です。
相当前から建てかえていない伝統ある建物です。
岐阜市内にある「美術館前店」や「長森店」を見慣れているので
ポカーンとしてしまいました。
とても小さいお店ですので何も買わずに出られないし、
このあともう一軒行くし、どうしようかなと思ったのですが、
せっかくなのでちょっとだけ買い物・・・

その次が「金蝶園」さんです。
金蝶園総本店に行ってきました。
でもあとからガイドブックをよく見たら
「金蝶園総本店 本店」っていうのがある・・・
まあ、店先で食べられる「水まんじゅう」が目的だったので
本店とかっていうのはこだわらなくてもいいでしょう。
店の横に湧水がありまして、それも美味しかったです。

むすびの地記念館から大垣駅は
寄り道しながら歩いたんですが、
途中一杯和菓子屋さんがありまして
二人でびっくりしながら歩いてました。
金蝶園さんも何軒もあるんです。
店頭の水まんじゅうもお店によって工夫があって、
私らが食べたのは氷水に浮かべられてましたが、
「クリーム付水まんじゅう」という看板も見ました。
うっ、またこなければ。

ちなみに、JR岐阜駅から大垣駅は大人240円。
昼食も中華食べまして、
和菓子たくさん買いましたけど安上がりでした。
十分楽しめました。

あ、本陣跡にも寄りましたね。
チーズケーキプリンセスは前を通っただけ。
美術館も前通ったなーでも今回は和菓子満足の一日でした

|

« 家族三人不眠中 | トップページ | 同性同名 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大垣に遊びに行ってきました。:

« 家族三人不眠中 | トップページ | 同性同名 »