« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

法テラスに行ってきました。

ある人(Tとします)を訴えたいと思うくらいの事がありまして、
岐阜地方裁判所近くの「法テラス」に行ってきました。

電話をして予約を入れて、15分前に来てくださいと
言われていたのに45分前に行ってしまう意気込みでした。
そして、面談して相談が始まり、まず事実確認。
ちょっとすると弁護士Aさんが
「・・・息子さん、医者!?ん、□□でやってる・・・
 申し訳ない、少し待っていただけますか」と
目の前で自分の事務所に電話して、何かを確認。
「あーやっぱりそうか。」
なんと、Tさんから依頼を受けた事があるんだそうです。
そうすると「利益相反」という事になって、
こちらの相談を受けることが出来ないんだそうです。
利益相反なんて言葉、素人には無縁ですよね。
たかがドラマ、たかが漫画で裁判もの大好きの私、
「あーーあの方裁判幾つかやったって言ってた!!」
とすぐ分かったのでした。
簡単に言うと、一度でも弁護した事のある人は、
その人の事を違う事だったとしても訴えることが出来ないのでした。

実は今現在、Tさんというか、Tさんがトップを務めている所が、
訴えられそうになっているんですね。
その事については、全国ニュースになった事件を手がけた、
名古屋のある弁護士事務所が担当しているという事まで知っています。
なんでそこの事務所かと言えば、
別の件で裁判になった際に頼んだ弁護士では頼りないという判断だと
そんなことまで聞いていました。
それも、一度ではなく数回あるような口ぶりでだったのです。
つまり、その一人の弁護士だったという事です。
あまりの事にびっくりしすぎて大笑い。
相手が悪いというか、Tさんらしいというか。
弁護した経験者ではなく、訴えた事のある弁護士さんだったら
良かったんですけどねーそううまくはいかないですね。

幸いにも、隣の部屋の予約がキャンセルになったとかで、
すぐ別の弁護士と面談相談できたのでよかったんですけど、
いろんな意味で挫けてしまいました。
どうするか迷うところですけど、
今後どう動いたらいいかというアドバイスを頂いて
取りあえず帰ってまいりました。
どうしますかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キレにくくなったなぁぁと。

ダンナの職場がいろいろとマズイ事になっていて、
さらにマズイ事に巻き込まれています。

いろいろの中から当たり障りのない所でいうと、
まずグループ内企業の統廃合?。
ある会社があって、その下にいくつかの会社がある訳です。
その一つで働いてきたんだけど、そこを廃止して、
グループ内の別会社に移籍する。
それはいいとしても、驚いた事に11月15日付でそれを行うからと、
24日に聞かされ、「保険証を25日に持ってきてください。」
一旦返却して、別会社の保険証を作ってくれるって話なんですが、
新たに発行されるまでの間、一時的にも全額自己負担なんですよね。

これを前もって聞かされていればずっと通っている病院に、
月初めに行っておいて、、月末までは保険証のチェックもないから
月内にもう一度行くという方法を取るから、少しでも面倒が減りますよね。
そんな配慮全くナシ。
分けあって来週医者にいっぱい行ってやろうと考えてたところだったし。
一週間から10日ぐらいで新しいのが届くというのも、
こちらから問い合わせて初めて分かった事なんですよ。
あきれてものが言えない。

そんな原因が、事務方の退職。
予告なく組合活動に入っちゃたみたいなんだけど、
やり方まずくて解雇になったらしいです。
何人だっけ?ともかく事務長と、その部下数名らしいです。
その後始末が未だ出来てない。
誰かがやろうにも、もともと人が足りてないし、
ダンナも、元経理マンなので、
総務的な事までは詳しくはわからないみたいだし、
何よりも、経緯が経緯なんで人を疑っちゃって、
…一時はダンナを信用しているみたいなことを言っといて、
ダンナにも触らせたくない模様です。

給料振り込み先を職場に教えるじゃないですか。
岐阜信金で良いというので教えて、最初はそうだったんだけど、
大垣共立に変えてと言うので、わざわざ作って変えたんですね。
そしたら、一か月は大共だったんだけど、
そのあと、しばらくは信金に入金されてた。
何度焦った事か。「給料遅延?遅延?」
そんなことが何か月か続いた最近
「今度から絶対に大共に入れるから」と連絡があって、
やっと大共に続けて二回入ったんだよね。
混乱が目に浮かぶでしょ。
これは事務方の混乱のせいではなくて、
それ以前からなんで、そういう事態が続いている事自体、
誰の責任か推して知るべしだよね。

給料も含めて金銭の混乱は、
信用失くしますよね。大丈夫なんだろうか。
これ以上はマズイ事過ぎて、書けない。
他人ごとではなく、ダンナが完全に巻き込まれちゃって
私自身も怒鳴り込みに行きたいくらいの状態なの。
よくキレなかったなー大人になったなー
50も近いからか、来年年女だもんねー。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

小六男子

http://news.nifty.com/cs/topics/detail/151111019676/1.htm

昨日から小学六年が大麻使用ってことで、あちらこちらで取りざたされたが、
兄貴とか友達に使っているのがいるんだろうと予想がついていた。
案の定、兄だったそうだ。

煙草は以前から数回やっていて、指導していたらしい。
しかし、どんな指導をしてたんだ?と思う。
数回という時点で、常習化していたと思う。
煙草の常習性は言わずとしれたところなんで、
「止めろ」と言ったところで止められるわけはないんで、
禁煙外来とか、まめな匂い検査とか徹底的にやったんだろうかと思う。
入手先をつぶすのも大事だろう。
今は、普通では買えないはずである。
老け顔の兄弟が協力していたか、親が吸っていてストックをごま化したか。
・・・もしかしてネット販売か。
ドラッグ並みに入手しにくいと思うんだがなぁ。
だからこそ、大麻までたどり着いちゃったかな?
何にせよ、言葉でいうだけで何とかなる話ではない。

このニュースに関連して小学生とその親にインタビューしてた。
「怖い」って子どもが言ってたけど
「どう怖いかわかっているかなー?」と心配になった。
ウチの子はどこまでわかったるだろうか。
煙草に関しては
「吸うなというよりも、吸う癖ついちゃうと止めるのが大変だけど、、
 最初から吸わなければ、大変じゃないの。妊娠中はやめないとダメだからねぇ」
と指導してる。成人ならイイというわけじゃない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »