« 嬉しい悲鳴 | トップページ | 小学生と薬物 »

薬は難しいとは思いますが。

ダンナの医者の対応ミスにずーっと

腹が立っているのです。
ということでいろんな事考えちゃってます。
義父は以前「再発したら命の保証はない」と
医者に言われてます。
昔の病と言われつつ、ときどき流行してしまう結核です。
薬嫌いが幸いして、薬が効いて治りましたけど、
一番強い薬を使用しているので、
新しい薬が開発される前に再発すると
前の薬が効かないんだそうで。
もー新しい薬出来ちゃったかなー(黒笑)
私も「命が助かるんだったら」と
結構きつい薬を使われています。
45年も前の事ですが
骨肉腫を疑われちゃって、
きつい薬を使われました。
その後、効かない薬が幾つか出てしまって、
もっときつい薬にする事しかなかった事もありました。
子どもにも理解できてしまったのが、
中二の時の虫垂炎。
薬で直そうとして、どんどんきつい薬にして
挙句治らず切除しました。
その頃鎮痛剤が全然効かなくて、
始まった生理も苦労したんです。
今は別の種類の鎮痛剤や抗生剤が出て
効くようになって助かってます。
30年近く飲むのをやめていたせいか、
昔ながらの市販の鎮痛剤も効くようになってきました。
ムスメが死ぬかもしれないと思ったら
キツイ薬もあるかなーと思わなくはないんだけど、
不自由な体のまま生きながらえるってのも
どうかと思う・・・
今、障碍者でもないけど健康ではない体です。
その理由が病気だけなら運命なんだけど、
医学の驕りによって、この体になってる気がするんですよね。
薬を変えるのは難しいのかもしれません。
一度薬を絶つことが出来た病ですが、
二年も飲み続けた薬を再度処方し、
今一つと言った時点で効かなくなってる事を
疑わないのかな???
薬が無くなる前に診察に行ったことも
どうしてかうがった貰いたかった。
顔色を見て頂きたかった。
さすればこちらが説明しなくとも
分かったように思う。
で、そのあと私がのり込んでいく事もなかった。
どう説明してもらえるかわかってもらうために、
極力失礼にならないようにするのに
どれだけ苦労したか。
その後、変えてもらった薬の副作用が出たんです。
で、まだ疑問が発生してしまった。
ネットで得た知識をもとに気が付いて
「病状悪化か副作用じゃないんですか」と
疑問を投げかけた時は
「軽い副作用です。気をつけてください」と
スルーされた。(そんなものなの???)
一週間後、「病状が良くなってますから減らしましょう」
(!!先週決断できなかったとか言わないか??)
一週間で減らせるのであれば、
一週間前でも良かった気がするし、
なにせ症状も大きく変化は出ていない。
減らせたことも理解が出来ない。
他にも色々と
理解出来ない事象が沢山つみあがってしまったので、
一旦でも断薬までは直せた医者だけど
再発を見落とし拗らせたしか言いようがならず、
この医者の実験台になってあげて
金と暇を使えるほど
うちは裕福ではないので
「経験値が高くて、
 薬大好きじゃない先生探しましょう」という
結論に達しました。
一度は直してくれたんだから、
再発を見落とさず、丁寧に見てくれてたら、
短期で回復することが出来て
「薬好きでも良いなら治りますよー」って
評価してあげたのにね。

|

« 嬉しい悲鳴 | トップページ | 小学生と薬物 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬は難しいとは思いますが。:

« 嬉しい悲鳴 | トップページ | 小学生と薬物 »