« 口から出したらダメだよね。 | トップページ | 全日本・県大会も代表に! »

検査と絶食

ご存知の方もいますが、

手術経験豊富なワタクシ、
当然検査経験も豊富でして、
先日発見されました病気の
検査も
「受けた事ありますね」
「似た様なら」
…が大半です。
ただ直近で、10年前なんです。
「…朝ごはん食べていいんですか!」
「五時間前には済ませておいてくださいね」
「超暑いんで、水分は飲みたくなるだろうなあ」
「水かお茶なら飲んでいいです。
 血糖値が上がるとまずいので、
 砂糖さえ入れなければいいです。」
「楽になったなあぁぁあ」
手術は勿論、検査の為に絶食なんてのは、
ありがちな話です。
今回、日を改めて受けた検査は、
午後から検査は朝食OK。
11時から検査は、朝食ぬき。
いずれも終了次第、食べていいし、
水は飲んでもいいのでつらくないんです。
昔は、午前九時からの手術、
午後一時からの手術と
決まっていても、前日深夜から絶飲食です。
点滴を入れているので、
喉が渇く感じは少ないですけど、
口から入れていないので
渇くというか「飲みたい気分」になるのです。
今回は検査なのだからか、
五時間前と時間を切っているし、
飲んでもいいという事なので楽なのです。
今回初体験の検査がありました。
朝食食べ、昼食抜きの検査後、
「先ほど入れた薬剤を出来るだけ早く、
 出してしまいたいので、水かお茶を
 たくさん飲んで下さい」
「でも、撮影をやり直す可能性があるので
 糖分はとらないでくださいね」
そのうえ本も読まず、
音楽も聞かず安静にしろという・・・
モニターが付いた部屋に入れられているので、
コッソリというわけにもいきません。
一回目の撮影画像を確認し終わるまで、
そこで待機です。
もーちょっとで
「♪おーなかすいたったぁ~♪」(ムスメ作詞作曲)
と謳ってしまうところだった・・・
何もできないので、意識がお腹に行ってしまうのでした。
今回の検査の中に以前
大失敗をしているのがありました。
前回は、足を撮影するので
絶飲食がなかったんです。
しかも入院してしまってから
「空いているから今撮ろう」
「待って…今紅茶飲んじゃったよ」
…利尿効果高いんですよね。
案の定、強引にやったら
「漏れる~」となってしまって、
中断しました。
位置を替えられてはマズイ検査なのです。
それでやり直し。
だいたい一時間かかると言われていた検査が
やり直しで一時間半かかりました。
痛く無い検査ですけど、動かないでいるのは
結構つらいものです。
今回は、絶食を言い渡されていたのと、
その時の記憶から
飲むのもぐっと我慢しましたので
トイレはなんとか。
いや、別の事が微妙でした。
先日来の、咳が完治してないんです。
検査中に咳き込んだらやり直しの可能性が・・・
出ませんようにと祈って、
「出ちゃうかもしれません」と予告して、
受けました。
最後の最後にちょっと咳が出ましたが、
死ぬ気で我慢。
(これが済んだらご飯なんだから――)
おわったところで恐る恐る、
「ちょっと咳が出ちゃったんですけど」
「一瞬だったんで大丈夫でしたよ」
しかも所要時間も短くなっていて30分。
説明用紙には45分とありましたが、
「やり直しになってしまった場合」が
書いてあったそうで、
なんとかになったのでした。
あ―――良かった。

|

« 口から出したらダメだよね。 | トップページ | 全日本・県大会も代表に! »

心と体」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検査と絶食:

« 口から出したらダメだよね。 | トップページ | 全日本・県大会も代表に! »