学問・資格

中学受験

ムスメの中学が決まりそうです。

というのは。
第一希望の国立大付属中学の抽選で当選しました。
男子96人から25人、女子105名から26名という高い倍率のなか、
6番目に当選いたしました。
なんと言いますか、運のいい娘です。
良すぎることさえあったので、さすがといった感じ。
(抽選で希望のものより、本人は欲しくない上の物が
 当たってしまった事が二度もあるのです)
なんというか、運のいい人ってあるよなーと思います。
その抽選の時も、抽選そのものを辞退した人が男子で6名女子1名ありました。
おそらくですが出願後、某私立中学の前期試験があり、結果もでているので
そこで合格した人かと思われます。その7名分につきましては、
無効として再度抽選するとの事でしたが、なんと4名当選してしまい、
その分ひき直しという事態に。
ついている人はついてるんじゃないかなーと思ってしまいましたね。
幼稚園時代の仲の良いお友達が、
付属小から通っている事もあっての
第一希望でしたので、念のため願書を出してある、
私立については、受かっても行かないつもりになっています。
「附属受かってよかったねー
 でも、もしも特待生で受かったらどうする?」
「えっなにそれ」
私立中により、人数や条件等は様々ですが
成績上位者に限り、入学金や授業料を免除されるんです。
「そん時は考えようかな…でもそれはまずないなぁ・・・」
とのこと。実は、
昨年の実績で、トップの点数が三百点満点中278点、
受かった人の最低点が151点です。
正解答がありませんのであくまで参考ですが
去年の問題をやらせてみましたところ、どう考えても200点も取れてない。
160点ぐらいじゃなかろうかという、ギリギリのあたりなんです。
だから、そんな反応をするのです。
ですから、ほぼ決まりですが、「一応決まりそう」なのです。
受験料がけっこうするのもあり、受かっても行かないとしても
「3年後の為の度胸試しすれば―」とみんなが言っています。
どうするつもりかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学校

ムスメが六年生です・・・

何もしなくても行ける公立中学が、遠いんです。
理由は、少子化による統廃合。
そうでなくてもウチは端っこの方なのです。
で、たまたまなんですけど、
国立大付属の方が近い距離にあって、
「ダメ元で受ける」人が多い地区でもあります。

でもって情報収集・・・
「小中でしょ。中高一貫なら高校受験が楽になるかもだけど」
「中学からは40人しかとらないんでしょ。倍率高いわよ」
「辞退者多いんで、補欠で入れること多いんですって」

そう。まず学校見学会に行かないと
受験(と言っても、抽選)させてくれない。
行ったらば、「第一希望の方のみ受験してくださいね」と連呼される。
正規の合格者の他に補欠合格を15人決めるんだけど、
それ以上に辞退されるんで、補欠募集というのが予定されている。
補欠募集はやらない可能性がありますと説明しつつも、
去年はやったし、その前もやった模様だと説明される。

中高一貫校を受ける子のすべり止めになっているらしい。
しかも、この辺て愛知県の学校を受ける人も多いらしくて、
日にちが分散、複数受験するらしい。
ウチの子も受けさせるけど、一校だけなのは、
「中学のうちから通学に時間をかけるのはどうかと。」
受ける一校は、自転車で通える。
「それに、自転車で通える高校となるとさらに二校あるし」
そこが頭良すぎてウチの子がまずは入れないというところならともかく、
現状維持できれば、まず合格圏内というちょうどよさ。
無理に中高一貫校に行く理由がない。
「受かるなら行けば―」感覚なんです。
だから塾も「緩い」進学塾ではなく、学習塾。しかも五年から。
まあ、四谷大塚の「小学生統一テスト」は受けさせたけど
「タダだし、本人受けるっていうし」というからで。
名古屋の東海中学や南山女子だと、
低学年のうちから対策しないと間に合わないらしいが、
「岐阜の私立なら五年生からでも」
「この成績なら、滝受かるかもですよ」(合格圏と言わないのがみそ)
思いっきりアホだったら、ほっとくんですが、
実に悩めます。

一回目で合格が決まるのは一月初めで、
補欠募集まで残ると2月半ば。
それからしか、準備が出来ない。
ちなみに、「制服早割中」のチラシは九月からで、
公立中の説明会は今週なんで
周りは盛り上がりつつある・・・
ちょっとさみしい。ちょっとツライ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学力テスト

日本全国の小学六年生が受けた
学力テストの結果がウチのムスメにも
返ってきました。

国語A・B 算数A・B 理科とあって、
ニュースにもなっていた国語Bの
記述で解答するのがやっぱりダメでした。
入試なら難しくて当然ですし、
ムスメちゃんは、もともと苦手ですけども、
この問題は学力テストにしては難しいと思いました。
それを除くと、勘違いでペケみたいな
間違いが少しなので
「まじめに勉強しろ―」なんて事は
ありませんでした。
なんていうか国語以外オール90点のムスメです。
ドジさえなかったら
漢字さえかけてたら
100点だろうってことが何度もあるんです。

このところ「中学に上がる前に基礎を固める」という
話をされています。
それで、塾だのテキストだの案内が来ます。
基礎はほぼ固まっているようなので不要だとおもいますが、
漢字が苦手で字が汚いんです。
今更ながら書道教室に入れたい気分です。
どうしたらいいんだろーーーー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい学校

先日の日曜日四谷大塚主催の
「日本全国小学生テスト」を受けさせたんです。
その手の類って、無料なんですけど「営業」されちゃうわけです。
ま、承知の上ですけどね。

で、当然ですが
「いい中学や高校に入るといい大学に入れる」という話を
されるわけです。
だけど。
バリバリ甘えっ子、絵に描いた一人っ子、小心者で、
早起きも大嫌いのウチの娘ちゃん、
「***くんとか、○○くんみたいなのがいない学校に行きたい」
という思考しかないので
「*****学園だと通学時間一時間かな」
「ええ・・・じゃあ、いい」というネガティブなんですね。
そんな訳なので、自転車で通える圏内だけ受けようかという次第。
何が何でも私立行きたい人たちは遠くてもお金かかっても行くんだよね。
「ちょっと頑張ったら*高校だって大丈夫ですよ!」って
言われたってねぇぇぇ本人に行く気が無いってゆーか、
ピンとこないです・・・
私も、自分の娘がそういう学校もアリっていう成績ってゆーのが
ピンとこないです・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お受験

娘がなんだかピアノというか
音楽に本気になりたいらしい。
「作曲がしたい」んだそうだ。

・・・とは言ってもどうするのか。
親としては「手に職をつける」が
理想ではあったんだけど、
音楽系で職といえば
ピアノ教師がまず思いつくけど、
少子化だし、不景気となったら
一番にやめそうな習い事だし。
それに経費が高い・・・
まあピアノはあるし、電子ピアノも
あるのでグランドへの買い替えなしで、
防音室の代わりにヘッドホンに
してもらえれば安いものかとは思う。

そこでちょっと某塾の試験を受けてさせてみた。
通学できる音楽科のある高校二校が
取りあえず合格圏内。そこでさらに聞いてみた。
「安全策で中等部受験を検討中なんですが」
二校は県立と私立。私立に中等部があるのです。
「受かると思いますよ」・・・と言いつつ
言っていることが恐ろしい。
週三回三時間づつ塾通い。
今のままだとギリギリ合格圏内なので
確実にするために必要なんだそうな。
その塾にある通常コースではなく、お受験コースが
そういうものらしい。

「そんなことやったらピアノが弾けなくなるので」と
お断りして帰ってきて、言われたことを整理して・・・

「成績がキープもしくは向上したとして」
○どちらも高校普通科の方(レベル上)でも受かりそうらしい。
○私立中等部のほうが入るのが難しい?
○私立普通科で成績が悪いと最悪なんで・・・(塾先生)
  ー私の母校に私立普通科出身がいた。
    自分で頭良くないと言ってて、
    短大すら行けないという意味だろうと思う。

「なんでそんなことになるのか?」でネット検索。
○この辺にはそもそも私立が少ないので、
  県立一番・二番の高校の滑り止めになってしまっていて、
  レベルが高い為、最初から私立普通科を狙う人もいる。
  その人が中等科からを狙う。
○音楽科に行くとお金がかかり、しかもその後制約が
 出るので人気薄。でも**高校卒の肩書は手に入るので
 そこそこには人気。そのせいで高校受験を検討する段階で
 ピアノをやっていた人が慌ててピアノに力を入れる・・・らしい。

・・・・なんというか頭が痛い。
自分の時より悩める・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宿題はあとプリントがちょっとです。

夏休み、もうすぐ終わりですね。

今年の娘の「宝物作り」は自由研究で
「塩作りとその研究」でした。
きっかけは、去年なんですが
愛知県の小野浜海岸近くにある「食と健康の館」を
テレビで見た私が
「穴子天もおいしそうだし、『流下式枝条架塩田』
 自由研究の題材にいいじゃん。」と注目した事です。
塩がらみの本をいろいろ図書館で読ませまして、
いよいよ今年、実行に移した訳です。

夏休み始めに、食と健康の館に連れて行きまして、
「塩作り体験」と施設の見学をやってレポートを書かせました。
加えて、実験です。
問題なのは「設計図」を学校で書いてくること。
設計図には、いろいろありました中に
針金で作った形に塩の結晶を作るとありました。
やってみたけどダメでしたが、8ミリほどの岩塩は出来まして、
親二人が「よかったぁぁぁぁ・・・」でした。
「海水を石綿に載せたビーカーを使って、何時間も煮て、塩を取る」
というのを本人が本で見て「やってみたい」
親としてはビーカー??石綿??
ネットにあるかもしれないけど、安くないよねぇぇと思って真っ青に。
口径10センチほど、プラスチックのフタ付のビンがウチにありまして、
ジャムを入れるために湯煎にかけて、熱殺菌したことがあるんです。
「これを湯煎でもいけるだろう」という予測を元に実行しました。
今年の死ぬほどの暑さの中、5時間煮込むのは辛かった・・・
湯煎分の水がなくなるのでビンにかけないように静かに水を足さねばなりません。
ビンに冷たい水をかければ、割れるんです。
ビンの深さよりも少なめにしなければならないのであっという間に水はなくなるのです。
だから、10分おきにみなければなりませんでした。
この作業は危険だなと思いつきっきり・・・暑かったです。

塩になるまで煮るのは、無理だと判断して途中から自然乾燥にしてもらいました。
5時間煮たのは、1lの海水からどうなるかという事にしたかったため、
ビンに一杯になるまで煮詰めるという事をしたわけです。
その方が結晶も出来ると思いましたので。
約一ヵ月後結晶が出来て、さらに数日の現在、
曇りがなければ完全に塩になっていただろう状態まできています。
水の減っていく経緯を書き込んだこのビンも添えて提出です。
いい内容で、いい出来だと思いますが、設計図とだいぶ違うよーな・・・です。         

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの宿題 2

工作の続きです。

作ろうとしている物に
「発泡スチロール用ボンド」が
いると書いてありまして、
ドンキの文具コーナーに
行きましたらば、ないわけです。
取り扱った記憶がないので
多分だけども、
近所の文具屋にはないだろうし。
(元文具問屋勤務。でも
 接着剤系は発注を
 担当していないので
 細かく記憶していないのです)

ネット検索かけましたらば
コニシに定価500円で
あったわけですが、
「ちょっと使うのに、この金額か・・・」
ホームセンターに行っても
なかったら東急ハンズ?となると
交通費まで上乗せかよー!!
元勤め先に
「置いてある小売店どこ?」って
聞くのもなぁぁぁ。

木工用ボンドでも付くらしいのですが
接着が弱いみたい。くっつけたものを
PVのりの中に沈めるのだから
それで大丈夫か???だし。

PVのりは安くて安心したのになぁ。
意外と高くつくぞ、この宿題。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休みの宿題

今、大きめの本屋に行くと
「自由研究をお手伝い」といった
本が多数出ていまして
「実験大好き」を公言する娘に
毎年ねだられています。

今年も買いまして、その中の
「スノードーム」のマリン版を
作ろうと先日材料を準備し
始めたのですが
「PVのり」???と表記がありました。
液体のりらしいので
(ヤマトに巨大なのあったよね)と
昔の記憶が怪しかったので
(文具問屋に勤務してました)
ネットで確認・・・違う!!!

検索によれば、ヤマトのものは
PVLのりと言って、より濃厚らしいです。
当然単価もそれなりに高くて。
PVのりは「洗濯用」らしいのですが
実験用に探したなんて記事が多数。
「近所にないのでネット買いしました」
なんてのも出てきてびびりました。
でも製品の映像を見て
(洗濯洗剤の近所で見た気がする)。
「スギ薬局」で発見しましたー!!!

単価も170円ぐらいだったかな。
700ccぐらいのボトルです。
さらに、百円均一で売っていた液体のりも
PVのりだったんですけど
大量に使うこともありお徳ですし、
余っても普通に工作にも使えそう。
ウチは、工作の前に
「こわれないシャボン玉」をやりました。
これも検索可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

習い事

娘は、今「ことばの教室」というのに通っています。
「習い事」のようなイメージを他の子に持たせようと
努力しているので本人も「習い事」感覚です。
実際は「リハビリ」だし、「学校の延長」でもあります。

「学校の延長」なのは「連絡帳」という、、
「小学校の担任」と「ことばの教室の担任」と「親」が
三者をつなぐノートがあります。
「プレッシャーに感じないで
 一言だけでもいいですからね」と言われていますが
どう書くか悩めるところです。
なによりも、「手書き」が悩めるところです。
「自分の頭で考えて手書き」なんて
稀にしかしてないんです。
もーひたすらパソコン。娘の名前書きだって嫌だから
シール作ってひたすらぺたぺたの人なんですよ。
「習字習ったけどなーこれだもんなー
 娘に習わすのも考えちゃうよなー」
でも、習っていないダンナに香典袋に名前を書かせると
バランスを考えて書かなかったりするので
「習った意味は無いわけでもないか」と思ったりするのです。
(ウチは字だけ見ると夫婦逆転です。ダンナの方が
 ちまちました字を書いて、私が大胆な字を書きます)

うちの娘を含めて「習い事」をはじめる年頃だと
思うのですが「考え方」や「事情」でなにもしない子も
いるんですよ。ちょっと寂しそうなんですよね。
だからって何も出来ないんですよね。
ましてや「事情」の方が原因みたいな感じだったりすると。
このご時世仕方ないかなー。

私の親は心配するあまりに(私が病気持ちなので)
習い事をさせすぎたタイプです。
結果としては「幼稚園教諭」「保母免許」を
取得するのにピアノやってて良かったかなって
程度です。
水泳も必須単位なんで良かったな、そういえば。
ピアノのおかげでワープロにとっつきやすかった
のもあるかな。
目標をもって習わせたいなぁと思っております。
とりあえず「某通信教育」での勉強と
「某大手音楽教室」をやらせます。
本人が「歌いたい」と言っているので
音感を鍛えさせるのが目的です。
音感が鍛えられたら
合唱団に入れようかなあと親のもくろみですが
どうなることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)